★今回はお見合い後の進展アドバイスについて

結婚相談所を通してお見合いをする場合、その席にはアドバイザーが立ち会うのが一般的です。
そんなお見合いでお互いに好印象を抱いたのであれば、交際へと進展することになります。
親や親せきに頼まれてという形でのお見合いではなく、結婚相談所を通してのお見合いであれば、お互い結婚への意識が高いわけですから交際へと進展するのも比較的早いでしょう。

しかしその後の進展がいまひとつというケースも多いものです。
お見合いから交際へと進展したのち、次のステップである結婚までの目安となる期間は「3ヵ月」です。
それを過ぎてまだ結婚という話にならないのなら、交際がなかなか進展していないとみていいでしょう。

★なぜ進展していないのかを考えてみる

自分は相手のことを好きなのに、なかなか二人の中が進展していかないと思ったのなら、その理由を自分なりに考えてみてはいかがでしょうか。
そうやっていくと、「今はまだお互いに遠慮している部分があるのではないか」「いつも同じようなデートをして新鮮味がなくなっているのではないか」といった問題点が見えてくるかもしれません。

また中には、お見合いをしたこと自体に満足してしまっているなんてこともあるでしょう。
お見合いをしてなかなかいい出会いがあったからと一息つくのは結構ですが、結婚には多少の勢いが必要なこともありますから、その勢いを見失ってはいけません。

★お見合い後の進展がないからと焦ってはダメ

お見合いした相手と交際はしているけれど、いまいち進展しないとなると気持ち的な焦りが生じてくるものですが、その焦りはよくありません。
お見合いをした二人の結婚までの交際期間は約3ヵ月なんて話を聞くと焦りたくなる気持ちもわかりますが、それはあくまでも一例です。

なかなか進展しないと焦ると、その焦りによってお見合い相手に対する思いやりが減ってしまうかもしれません。
もしその相手を好きならば、思いやりを持って焦らず接していくことが大切です。

電話でのお問い合わせ0436-24-5561受付時間 10:00-19:00 [ 火・水は休業日 ]

メールでのお問い合わせはこちら