★婚活がうまくいかない理由を考える

婚活を行う時に、「ただなんとなく結婚したいから」や「結婚にあこがれているから」といったあやふやな気持ちのまま行う人もいますよね。
こうした希望は目標として掲げると現実的に考え行動する事が出来るようになります。

「いくつまでに結婚したいか」「どんな家庭を作りたいのか」という事を自分の中で考え、できるだけ自分の目標をまとめておくようにしましょう。

もちろんこの目標がそのまま現実と出来るかどうかは自分次第であり、無茶な目標であってはいけません。
あくまでも現実的に考え可能性のある目標にしましょう。

★自分を客観的に見て考える

結婚相談所であっても合コンであっても、異性に魅力的な印象を与えられる人とうまくいかない人がいます。
その違いとしてあげられるのが、自分をきちんと知ってアピールできているかどうかです。

性格や顔はそれぞれ違うのは当然ですが、その中で自分を知ってもらおうという気持ちがこの違いを生んでいます。

特に結婚相談所などでのイベントではむやみやたらに自己アピールをするのではなく、自分を客観的に捉えたり良い所や悪い所をきちんと伝えられるかどうかです。

もちろん一方的にではなく、相手に対しても初対面で好印象だった部分などを伝えながら話すと、会話のキャッチボールをしながら話すことができます。

★理想の押し付けや妥協をしない

自分に合う相手と巡り合うまでには何人かの相手と出会う事があります。
その時に自分の理想と違うことや願望と違う事などを相手にそのまま伝えてしまうとうまくいかないことがあります。

もちろん理想や願望はお互いに持っているもので、押し付けてしまう時点でその人とのご縁ではなかったということです。

しかし、だからといって妥協をしてしまう事も良くありません。

多少の妥協点はそれぞれあると思います。
しかし目標を叶える事ばかり意識してしまうと、気持ちの無い相手や条件のみで選んだ相手ということになってしまいます。

結婚相談所などの出会いの場では、相手の人間性や性格などをきちんと知るのと同時に、自分も知ってもらい、一人の相手として大事に出来る人を選びましょう。

なかなかうまくいかないときには結婚相談所であれば困ったときにプロのアドバイザーに相談することができますので、うまく活用してみましょう。

電話でのお問い合わせ0436-24-5561受付時間 10:00-19:00 [ 火・水は休業日 ]

メールでのお問い合わせはこちら